Make a difference

ヘンテコな電子工作など

Unity9日目 C#スクリプトの写経

本を用意してC#スクリプトの写経をする。

覚えたこと

基本

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class New : MonoBehaviour {


	void Start () {
		
	}
	
	
	void Update () {
		
	}
}


using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

これは最初のUnityの機能を使いますよ宣言。
なんかそーいうもんらしい。
この最初の三行は基本さわるな

public class New : MonoBehaviour {
Newってのがここで扱ってるファイル名

void Start () {}
スタート時に読み込まれる

void Update () {}
そのあと1フレーム毎?読み込まれる

Hello,World

Hello,Worldをコンソール(Unityの左下のちっちゃいとこ)に表示

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class New : MonoBehaviour {

	
	void Start () {
		Debug.Log ("Hello,World");
		
	}
}

つまりunityを起動したときにHello,Worldとでればよいで
スタートのところで
Debug.Log ("Hello,World");
とかく

Hello,Worldじゃなくてハローマックとかでもいいのかもしれない。
f:id:taiyap:20171231033447j:plain

レベル中級編

変数の宣言
int age
age = 20;
Debug.Log(age);

実行結果 20

変数とは箱のイメージを持つ。
入れる数字によって宣言する型がある。
int 整数
float 浮動小数点型(数字の終わりにfをつける)
double 倍精度浮動小数点型
string 文字
など。

変数同士を代入したり、四則演算をすることも可能
int answer;
answer = 1 + 2;
Debug.Log(answer);

また
answer = answer++;
とかくことによって変数に1だけたすという事。
インクリメント。

文字同士の結合などもできる。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class New : MonoBehaviour {

	
	void Start () {
		string str1 = "neko";
		string str2 = "cat";

		str1 += str2;
		Debug.Log (str1);
	}
}

文字の扱いは""で囲むこと。

上級編

if文で条件分岐

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class New : MonoBehaviour {

	void Start () {
		int age = 20;
		if(age == 20){
			Debug.Log("age20");
	}
}

つまり
if(条件){
したいこと
}
条件の中では数字を比べる?
比較演算子と言う。
==等しい
!=等しくない
>大きい<小さい
>=以上<=以下

あ、まって、<=イカのほうがスプラトゥーンっぽくね?


あう〜本当はもっとやったんじゃけど、
なんかめちゃ体調わるくなってきたのでここまで。