Make a difference

ヘンテコな電子工作など

全くの素人がアプリ作って儲ける1日目

あ〜〜〜


家にいてえ〜!!!!!!!


金がほしい!!!!!!!!


楽してふとんにいるだけで金がほしい!!!!!!



あと、人とも関わりたくない。


ネットの人もだ。



キレた。あ〜もうキレたよ?




アプリつくります。










なんかすごくない?うひょー

LED7セグメントを用いた電圧式温度計の作製

メェ〜〜〜〜メェ〜〜〜

今日は牧場からお送りしております。
メェ〜クアディファメェ〜〜メェ〜〜〜〜


電子工作ブログだったのをさっき思い出しました!!!


電子工作 is 光る


今日もこの基本に乗っ取って作ってメェ〜〜〜〜クしていきたいと思います!




今日用いるのはコレ!!
f:id:taiyap:20131024011502g:plain
LED7セグメントディスプレイ〜!!!
うひょおお格好良すぎでしょ。。。

身の回りにも色々つかわれてますよね。デジタル時計、バスの料金表などなど。


それでこれの仕組みについて考えてみましょう。



f:id:taiyap:20131110192154j:plain:w300

こんな感じ?
7つのLEDのいろんな組み合わせなんですね〜。

つまり7つのLED並列回路をうんぬんするか!


複雑や。。。


というか、もしこれを連続的に1,2,3,4,5と表示されたい場合
何かしらの切り替えが必要になりますね。

まあMake a differnece的にちょー素早く手動でやってもいいのですが、
切り替えを行わせるためにシングルチップのA/Dコンバーターを使いましょう。


f:id:taiyap:20131024022537j:plain:w300


(´◓ω◔`)なんて立派な王蟲なの。
ふふ、セラミック刀が欠けちゃった。

なーんつって!


よ、よーするにアレだ、パッパッパと切り替えたり
デジタルアナログ切り替えたり
発振、制御、デコーダなどを行ってくれるアレね。あ〜知ってる知ってる。

ってかこの大きさにそんなに回路入ってるのか。
なんつーの、電化製品の移り変わりに思いを馳せる。。。。


え〜と、これでLED7セグメント光らせることが可能だと思うのですが、
今回は温度センサーも繋げてみようと思います。


つまりだ、簡単に書くとこう!!!!


『温度計~コンバーター~表示』




簡単すぎるやろがい!ビシィ!




あ〜ついてきてますか??すいません今回わ。



で、今まで考えた接続をもとにブレッドボードに色々ぶっさして行きます。




f:id:taiyap:20131108080353j:plain:w300




できた〜(?)


回路図?説明書にあったよ〜。


そーなのです今回は自分で温度計のキットを買って組み立ててみたのです。
秋月電子で1400円でした。

正直ぜんぜんわからん。
はて、、セグメントとは?コンデンサーとかも使ってるんだけど??
温度差って電位差?なんでこんなに抵抗いるの?交流なの?直流なの?


しかもあわてすぎて33℃ってしか表示されねえし


何故こんなに急いで作ったかと申しますと、、、、、、


職場で趣味の話になった時でした



『趣味?電子工作ッスかね〜。え、もってこい?ええ?展示する?
週末までに??…はい任せてください!光るやつ持ってきますよ(笑)』




とかテキトーな事言ってしまったからなのです。。。

電池を用いてエッチな気持ちを高める

ンー…メイク!ア!ディファレエエエエォ!
アインシュタインの舌を出したポーズをしながら)


科学クラスタのみなさんは最近は何をしてましたか!
私はマイナスドライバーでしじみをこじ開けたりしてました!


待てよ、これって工学と生物学のクロスオーバーじゃね?
もしかして、新しい学問?知れば知るほど深くね?ふうむ。


というわけで、私も電子工作と他の分野のコラボをすることにしました!


2秒ぐらい悩んだのですが、決めました。
ずばりテーマは、


「自分を乾電池の形フェチにする」


ワオ!クレイジー、クール!!!モダンチョキチョキズ〜ワオ!ゆうゆ!ワオ!


何言ってるのと思われたのかも知れませんが、そう、心理学とのコラボなのです。
工学とは長年のライバルですよね。女!あたまのネジがぶっ飛んでるような女!
女が男クサイ研究室とは全く違う、「ゼミ」で旅行とか学生団体とか国際理解とか
言い出してコピー&ペーストで卒論書いて…憎い。女が憎い。。。
こっちの論文の方がコピペ多いわ!おたんこなす!!!キエー!!!!!


はぁはぁ、えっと何の話してましたっけ?ゆうゆのクイズでGO!GO!??


あ、そう、心理学にはこんな実験がアリマス。うろ覚えですが
被験者の男性に性的興奮を覚える女性の裸とハイヒールを交互に見せる。
次の段階で、ハイヒールだけを見せる。
すると被験者の男性はハイヒールのみの場合でも性的興奮を覚えるように
なるという。その後、この男性は東京靴流通センターで働く事になった。
〜完〜


コレだ!!!!!!!多少脚色したけど、たしかうん、こんな小話だったと思う。


早速やってみよう!身近にあって簡単に手に入ってちょっとエッチなもの…
ごそごそ(工具箱を探す音)…こ、これだ…乾電池!!!!!!!!!!!
f:id:taiyap:20121116174022j:plain:w300
よくみるとえっちな形だね〜


よしこれを使って早速実験します。以下に詳しい実験方法および材料を述べる。


材料
工具箱にはいっていたパナソニック製の単三型の乾電池1本
インターネットに繋がったノートパソコン
ティッシュ


方法
およそ2週間、えっちな気分の時に
乾電池を目の前においたり触ったりしながら
ノートパソコンでみる。
その後、乾電池だけを眺めたりさわさわする。

(経過をevernoteにメモしてたのですが、FF14日記になってたので省略…)




さて注目の結果は…????????






乾電池を改めて眺めてみます。



あ、いけるかもぅ…ふんふん、、ワア!ひんやり!


なんていうのかな、興奮がまわりから来る。


でもやはり脳裏には女性がチラホラ浮かぶ。


ああう、ポッチ〜プラス極〜!!


匂いとかあるともっとガツンとくると思う。




スリスリ、、すりすり









にゃにゃ〜ん♡








謝辞&参考文献
みんくちゃんねる
xvideos

電線を自分に接続する

えーメイクアディファレンスウ!

チャキーン!(圧着ペンチと半田ごてを顔の前でクロスさせた決めポーズ。



今日の試みは電気を人間に流すです。

聞いた事アリマス!
脳の信号は電気でやり取りされていてシナプス?に接続されてると。

つまりすべての感情をコントロールすることが出来、
ありとあらゆる体験を経験できるのでは!

それに消費カロリーについても考えました。
成人男性は2500キロカロリーぐらい一日必要だそうで。
えーっと

2500kcal × 4.2J/cal = 10500kJ

1J = 1wsより
10500kJ = 10500kws

1kwh = 1kw × 3600sより
10500kws / 3600s = およそ3kwh

家庭用のコンセント1時間の消費電力を考えると
20A × 100V × 1h =2kwh

つまり成人男性一日分のカロリーはコンセントに1時間半で得られるって事???
んじゃ寝てる間に自分をコンセントにさせば食べなくてよくね?


よし、実際にやってみよう!





まずはVVFケーブル1.6mm、2芯を自分の耳の中に入れてみるか…
f:id:taiyap:20130729212421g:plain















んひぃいいいい!!!きもちぃいいいい!





何これえええええ!!!

太さとか質感さいこううう!!!!




みみに、、はうう、、みみのあなにフィットするよぉおおお!!!




んんんんーひぃいいいいいいいい!!!!!!


端子の部分も、、、あひぃいいいいいい

んっんっんっ






じょばああああああああああああああ!!!

モテ工具

さあ電子工作ブログMake a difference!!

ええとネタが無いとか、電子工作飽きたとか、存在忘れてたとかではアリマセン!
さあて、何をしよう。何をするも自由だ!アイムフリー!!!!
自由に電子工作をするぞ!私は!モテたい!私はモテたいいいいいいい!!!


そこで気がつきました。
ソーイングセット持っている女性は魅力的であることに!



f:id:taiyap:20100705153212j:plain:w300
可愛いですね〜。



こう遊んでる時にボタンとかとれかけてて
すると女の子が「…貸して。」ってソーイングセットを取り出すワケですよ。
で、黒髪を耳にかけて糸を口にくわえてボタンをつけてくれるのです。
これで男子はメロメロになりますよね。





そう!これの逆版を考えました!



つまり!!!男子たるものMY工具を持て!



これキタ…
だいぶいいとこつきましたねぇ。
こう遊んでる時に女の子が室外CVVケーブルにつまずいちゃって切断したら
すると男の子が「…貸して。」ってMY工具を取り出すワケですよ。
で、作業着に着替え出してヘルメットを深くかぶって圧着してくれるのです。
これで女子はメロメロになりますよね。





みんなもMY工具を揃えよう!

http://instagram.com/p/bgNEGVMxhq/

LEDの直列回路を用いた漫画

今日は複数のLEDを同時に光らせてみたいと思います。

まずLEDの特性、前回何故抵抗を用いたのか簡単に調べました。
適正な電圧(つまり電流)を用いることが重要らしいです。
低すぎても高すぎてもダメだとか。

前回の回路の電圧をテスターで測定してみたところ、4.8Vという数字。
それに対して赤色LEDの適正電圧は2.1V。

えーと4.8Vの回路に510Ωの抵抗を付けたあとに流れる電圧は…
えーいテスター使っちまえ、LEDには1.8V流れてました。
つまり3Vの電圧を止めたって事??やっぱ計算してみよう。
オームの法則を用いてっと

ん、LEDってpn接合半導体だから電圧と電流の関係って?
あと抵抗ってむしろ電流を流れにくくするものなんですね。むー。

一応計算しました。
まずテスターで得られた電圧から回路全体の電流を求めました。
次にその電流をLEDにかける前提で抵抗の値を。
測定誤差というか丸め誤差が。うーん、こんなもんか。
http://instagr.am/p/VbWmJUMxkL/




計算ばっかじゃつまらないので早速次の回路を作ります。
今日はLEDを2つ用いた回路!
直列につないだLEDに対して電源を並列に用います。
(そのまま並列だと一つのLEDに対して負荷が集中するため?)
http://instagr.am/p/VbPCN3sxv_/


つぎにArdunioに9番と10番ポートから出力するようにスケッチ描いてを送信

#define LED_PIN1 9 
#define LED_PIN2 10 

void setup()
{
  pinMode(LED_PIN1, OUTPUT);  
  pinMode(LED_PIN2, OUTPUT);  
}

void loop()
{
  digitalWrite(LED_PIN1,HIGH);
  digitalWrite(LED_PIN2,HIGH);
  delay(500);
  digitalWrite(LED_PIN1,LOW);
  digitalWrite(LED_PIN2,LOW);
  delay(500);  
}


これを元にブレッドボード上で部品を組み立てます。
http://instagr.am/p/VbPOMqMxgI/

おおーダブルで光った!キレイダナー


えーそれではここまでが前フリみたいなものなので
ヘンテコな物を作ってみたいと思います!!




まんがとコラボレーションさせてみました
f:id:taiyap:20130207205340j:plain:w600


なんなんだこれわ

LEDを光らせる

さて、本格的に作って行こうと思います。基本から。

今日のテーマはLEDを光らせるです。

自分の環境はMACにUSB接続でArduinoモジュールを繋げています。
電子工作と言えばパソコンを使わないようなイメージかもしれませんが、
まずArduinoモジュールがあるとUSBから電源をとれるという利点があります。
これを通して回路にプログラムを飛ばすことが出来るのでPC-Arduinoモジュール
という組み合わせにしました。


まずは基本的なLEDを光らせる回路を考える。
http://instagr.am/p/VY4v1VMxrY/

なんだこれわ。
正直、本を見ながらそのまま図にしてみたけれど、
まず回路図の基本が分かってないし、なんで510Ωの抵抗を使うのか
そもそもこの電流はどれぐらいで電圧がどうで、なんで光るのか。
う、うーん先は長い。


つぎに、このArdunioモジュールを動作させるためのスケッチをPCで書いて行きます。

//LEDは10番ピン
#define LED_PIN 10
 
//初期化
void setup()
{
 //LEDのピンを出力に
  pinMode(LED_PIN, OUTPUT);  
}

//メインループ
void loop()
{
 //LEDを点灯
  digitalWrite(LED_PIN,HIGH);
 //500ミリ秒遅延
  delay(500);
 //LEDを点灯
  digitalWrite(LED_PIN,LOW);
 //500ミリ秒遅延
  delay(500);  
}

なんだこれわ2。
C言語C++みたいですね。なぞるように本からスケッチしていく。

LEDを光らせて500ミリ秒=0.5秒光ったままにする。
その後LEDを消し、0.5秒消したままにする。以上くり返し。

こういったスケッチです。意外に簡単に打ててArdunioにもスムーズに送れました。

次にブレッドボードとLED、抵抗、ジャンプワイヤを用意し、
なんちゃって回路図を元に組み立てて行く。
ブレッドボードのおかけでハンダ付けがいらないのでサクサク進む。


その結果
http://instagr.am/p/VY2JnEsxpy/
光った〜!!!!嬉しい!


ずっと見ていたんですけど、やはりこのブログはMake a differenceということで、
ここから色々コラボさせてみました


その1
ビンの中にLEDを入れる
http://instagr.am/p/VY2Z5wsxp9/
うわ〜、惜しい!なんかよくわからんけど惜しい!!


その2
CDとコラボ
http://instagr.am/p/VY3ENLMxqY/
穴からLEDがコンニチワ。イカス!意外な収納空間に匠もビックリ!ってバカか!


その3
雪とのイリュージョン
http://instagr.am/p/VY3Yd8sxqk/
あっあっあっ、これってフツーにいい感じじゃない?違う?ねえ、サムイッス!サムイ!!


次はLEDを用いてもう少し応用した物を作って行こうかなと。
ちなみに最終目標はダイバージェンスメーターです!それではまた。